あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

【2016年】ディズニーハロウィンの仮装期間!衣装やルールは?

   

halloween-1044648_1280

ハロウィンと言えば、仮装を思い浮かべる方も多いでしょう。

現実から離れて、魔法にかかったように夢の世界を味わえるディズニーリゾートでは、毎年秋になるとハロウィンのイベントが催されます。

普段のディズニーリゾートでは、キャラクターのプリントされた服やキャラクターをイメージしたような服装で入場することは出来ても、本格的な仮装で入場することは出来ません。

しかし、ハロウィンのイベント期間は、仮装をしたままディズニーリゾートに入場して楽しむことが出来るのです。

それでは、ディズニーハロウィンでは仮装にどのようなルールがあるのでしょうか。

今回は、ディズニーハロウィンと仮装のルールについてお話します。

スポンサーリンク

仮装で入場できる期間

キャラクターの耳があしらわれているカチューシャの装着などの部分仮装ではなく、全身仮装をする際には入場できる期間が決められています。

それでは最初に、仮装をしてディズニーリゾートに入場できる期間についてお話します。

小学生以下のお子さんの仮装入場

小学生以下のお子さんは、ハロウィンのイベント期間中、いつでも全身仮装で入場することが出来ます

それ以外の方の仮装入場

小学生以下のお子さん以外の方は、全身仮装で入場できる期間が決まっています。

全身仮装で入場できる期間は、9月9日から15日10月25日から31日です。

これはディズニーランド・ディズニーシーのどちらも共通です。

衣装と着替えについて

仮装を楽しむためには、衣装や小道具などが必要になります。

また、仮装の衣装に着替える場所についても知っておく必要があります。

ここでは、衣装と着替えについてお話します。

衣装はあらかじめ用意するのがベスト

リゾート内では、キャラクターの耳などがあしらわれたカチューシャやキャラクターがプリントされた服などは購入できます。

また、小さなお子さんのサイズならばディズニープリンセスのドレスも販売されています。

しかし、大人用の全身仮装の衣装は販売されていません

ですから、確実に仮装をしたいならば事前に衣装など必要なものを準備してディズニーリゾートに向かうようにしましょう

着替えは特設の着替えスペースでしよう

仮装に着替える時には、必ず着替えスペースで着替えなければいけません

仮装入場できる期間には、期間限定で特設の着替えスペースが設けられます。

ディズニーランドではプロムナードギフト付近ディズニーシーではゲストパーキング付近に設けられます。

着替えスペースの場所の詳細は安全のために公表されていませんので、利用する際には近くのキャストに尋ねるようにしましょう。

また、利用可能時間パークオープン1時間前から閉園時間である22時までです。

必ず守ろう!仮装のルール

ハロウィンは自由度の高いお祭りのようなイベントですが、仮装をする際にはルールもあります

特に、仮装をして入場できる期間であっても、仮装をしていないお客さんも大勢いますから、仮装をする際のルールは必ず守りましょう

ここでは、ディズニーリゾートで決められている仮装のルールについてお話します。

仮装可能なのはディズニーに関係する仮装のみ

ディズニーリゾートのハロウィンではどんな仮装でも入場できるわけではありません

以下に、入場できる仮装をご紹介します。

  • ディズニー映画・番組、ゲームに登場するディズニーキャラクター
  • 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーに登場するディズニーキャラクター
  • 東京ディズニーランド・東京ディズニーシーでのパレードやショーなど
    エンターテイメント・プログラムに出演するダンサーや出演者

ディズニーに関連する仮装は入場可能ですが、ディズニーリゾートのキャストの衣装の仮装は禁止されています。

メイクの注意点

仮装をする際にはメイクをされる方も多いでしょう。一般のハロウィンでは許されていても、ディズニーリゾートのハロウィンではルール違反になってしまうメイクもあります。

以下に、メイクの注意点をご紹介します。

  • 全体的に肌と違う色や濃い色を塗る
  • 傷跡や血のりを描く・付ける
  • 口元全体にひげを描く・付ける(一部分であればOK)
  • お面、つけ鼻、ゴムマスクの着用

これらのメイクでの入場は禁止されています。

安全のため、禁止されているもの

仮装をする際には、衣装の丈小道具などにもこだわりたいものですよね。

しかし、こうした面でもルールが設けられています

安全のため、以下のポイントに注意しましょう。

  • 小道具の大きさは、幅60cm×高さ50cm×奥行25cm以内の大きさのものまで
  • ナイフ、モデルガン、花火、先の尖った小道具は禁止
  • インラインスケート・キックボード・スケートボードは禁止
  • 全身タイツ、裾を引きずるドレスは禁止

露出はNG!アンダーウェアや上着を着よう

ディズニープリンセスの中には、お腹や肩の露出があるドレスを着ているプリンセスもいます。

しかし、原作に忠実に露出をすると、他の来園者の方も目のやり場に困ってしまいます。

ですから、肩紐のないものを着たり、お腹の露出などをする場合には、アンダーウェアや上着を着用しましょう

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

全身仮装でディズニーリゾートに入場できる期間は、小学生以下のお子さんそれ以外の方では異なります

また、仮装できるキャラクターはディズニーのキャラクターやパレードのダンサーの衣装など、ディズニーリゾートに関係のある仮装に限られています。

お子さんの衣装はパーク内でも購入をすることも出来ますが、大人の方はあらかじめ衣装を用意して持っていくことがベストです。

また、仮装をする際には守らなくてはならないルールもあります。

今年のハロウィンはディズニーリゾートで仮装をしようと考えられているならば、一度、下記のサイトでルールを確認してから準備を始めましょうね。

ディズニーリゾート公式ホームページ【ハロウィンの仮装について】

 - ハロウィンでトク