あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

2016年9月15日!中秋の名月は満月かな?いつが見頃か知ろう

      2016/08/20

night-1178790_1280

秋の行事と言えば、お月見ですよね。

月を眺めていると不思議と穏やかな気持ちになれたり、日本の秋の風情を感じられます。

恋人同士、友達同士、ご家族でお月見を楽しむのも素敵な秋の過ごし方です。

お月見と聞くと、中秋の名月を思い浮かべられる方も多いでしょう。では、2016年中秋の名月いつなのでしょうか。

また、せっかく中秋の名月を楽しむならば見頃の時間も知りたいですよね。そこで、今回は2016年の中秋の名月見頃の時間についてお話します。

そして、満月の条件を知り、今回の中秋の名月が満月になるかどうかについてもお話したいと思います。

スポンサーリンク

2016年の中秋の名月はいつ?

中秋の名月は、毎年異なる日に訪れます。

2016年の中秋の名月は9月15日(木)です。

お月見をするならば中秋の名月だと考えていらっしゃる方も多いでしょう。

では、皆さんは「中秋の名月」がどのようなものなのかご存知ですか?

また、「仲秋の名月」という言葉もありますが、「中秋の名月」とどのように違うものなのかご存知でしょうか。

「中秋の名月」とは

中秋の名月とは、旧暦8月5日の月を指します。

旧暦では3ヵ月ごとに季節が変わり、1年の中には春夏秋冬の4つの季節があります。

この見方で季節を見ると、7月、8月、9月になります。

そして、季節の中にある月は初、中、晩に分けられ、8月中秋となります。

現代の暦では、2月以外の月は1ヵ月が30日か31日ですが、旧暦は1ヵ月が29日か30日のため、月の真ん中にあたるのは15日となります。

秋という季節の真ん中の月である8月。8月の真ん中の日である15日

こうして、8月15日秋の真ん中の日と考えられるようになり、この日の月が中秋の名月と呼ばれるようになったのです。

そして、15日の夜という言葉を語源として十五夜と呼ばれるようにもなったのです。

十五夜と中秋の名月の違いや関連性に関してこちらで詳しく書いております。ご興味のある方はどうぞ。
知らない?中秋の名月の由来!十五夜との関連性を知ろう

「仲秋の名月」とは

中秋の名月」と「仲秋の名月」は、口に出すとどちらも「ちゅうしゅう」となりますが、意味や言葉の成り立ちは異なります。

「中秋の名月」は旧暦の8月15日を指すと先述しましたが、旧暦では季節は3ヵ月で1つの季節となっています。

1つの季節の中にある3つの月は、それぞれ初・中・晩に分けられます。

この法則と同じで、孟・仲・季と分けられる場合もあります。

孟・仲・季というのは、中国兄弟の順番を表す時に用いられる言葉で、孟が最年長、仲が真ん中、季が末子を意味します。

したがって、仲秋は秋の真ん中にあたる月を指します。

秋の真ん中であるという点では中秋も仲秋も同じですが、「仲秋の名月」という表現を使う場合は旧暦の8月の月という意味で使われます。

旧暦の8月15日の月が「中秋の名月」

旧暦の8月の月が「仲秋の名月」

この2つは似ていますが、十五夜「中秋の名月」となります。

中秋の名月と仲秋の名月の詳細な違いはこちらの記事が参考になれば幸いです。
中秋の名月とは?意味を知って仲秋の名月との違いをわかりやすく

中秋の名月を綺麗に見るためには?

san-diego-bay-906294_1280

お月見を楽しむなら、一番綺麗に見える時間に楽しみたいものですよね。

それでは、どうしたら月を綺麗に見ることが出来るのでしょうか。

お月見をしたい時間を決めて調べよう

月は、時間によって見える方角が変わってきます

デートでお月見をする場合とお子さんと一緒にお月見をする場合では、お月見をする時間帯も異なりますよね。

時間帯が異なれば、月の位置も変わってしまいますから、綺麗に月を見たいならば、まずはお月見をする時間帯を決めましょう。

お月見をする場所を決めよう

お月見をする時間が決まったら、その時間帯に月がどの方角に見えるのかを調べます。

次は、その方角の空が見やすい場所を探します。

場所の探し方としては方角に加え、どのようにお月見を楽しみたいかという目的に合わせると、より一層綺麗な月を楽しめます。

はっきりと月を見たり、月明かりを楽しみたいならば、山など人工的な光が少ない場所を選ぶといいでしょう。

あまり遠くに出かけられないならば、公園など空を広く眺められる場所がおすすめです。

こちらで年に一度の中秋の名月を一層楽しむために様々なグッズを紹介しています。
知らなきゃ損!2016年9月のお月見を楽しくするグッズと知識!

中秋の名月を食事や俳句で楽しむ!

中秋の名月というせっかくの月を眺める良い機会です。

そんな中秋の名月だからこそしたいこと、見つかりますか?中々どう楽しんでいいのかがわからないこともあるかと思います。

イベントで楽しむ

そこでまずはやはりイベントのようなもので楽しみましょう!中秋の名月でしたいことはこちらの記事にて詳しく書いてありますので是非ご参考ください。自分の楽しみ方が見つかれば幸いです。
中秋の名月のイベントを紹介!月見の行事をみんなで楽しく過ごす

俳句で楽しむ

やはり日本の風情を楽しむわけですから、古来から伝わる風情の代名詞である俳句で楽しむのも一つの楽しみ方ですよね。

実際に詠んだりするのも良いですし、若い人なら俳句というよりは川柳のような形で楽しむのも面白そうです。

俳聖「松尾芭蕉」などが中秋の名月に詠んだ有名な俳句に関してはこちらにて紹介してありますので是非読んでみてください。
【素敵な風情】中秋の名月の俳句集!月見をしながら詠みたい

中秋の名月で食べたいもの

お月見で楽しむ行事食といえば「だんご」が最も想像されやすいかもしれませんね。

実は他にもたくさん美味しいものがあります。たとえば芋料理などもあります。そして意外と知られていない月見のお菓子といえば月餅ですね。

月見で楽しめる行事食や簡単なつくりかたなどはこちらで紹介していますので今年は腕をふるっちゃおうと考えているかたはご参考ください。
今年はこれ!中秋の名月に食べたい食べ物10選!月見をさらに美しく

スポンサーリンク

2016年は満月になるの?

実は、中秋の名月だからと言って、必ずしも満月になるとは限りません。

それでは、満月の条件とはどのようなものなのでしょうか。

また、2016年の中秋の名月は満月になるのでしょうか。

満月の条件

満月は、月と太陽の黄経差が180度になる時に見られます。

頻度としては、大体1ヵ月に1度、満月の日が訪れます。

2016年の中秋の名月は満月になるの?

毎年、月の満ち欠けは国立天文台から発表されています。

2016年の9月の月の満ち欠けをこのカレンダーでチェックすると、9月満月17日に訪れるそうです。
国立天文台(今年のこよみ)

中秋の名月にあたる9月15日は大きな月を見ることはできますが、残念ながら満月にはなりません。

けれども、満月に近い月は見ることが出来ますので、中秋の名月にお月見を楽しむのも風情を感じられていいものになるでしょう。

2016年の見頃は?

2016年の見頃としてはずばり17日と言えますね。あくまでも中秋の名月は月が美しく見える時期ですが、せっかくなら満月が良いですよね?

2日遅れで満月となりますが、17日でも十分綺麗に見えます。なので満月の綺麗な月を見るのがベストですね。

もちろん15日でもほとんど満月ですので問題ないですね。友人や周りのかたとの予定を合わせて15日〜17日の周辺で是非楽しんでください!

 

 - イベントでトク, 月見でトク