あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

2016年の十五夜はいつ?由来を知って行事食を楽しむ!

   

full-moon-872832_1280

暑い夏には、海や山へアウトドアを楽しみに行ったり、キャンプやバーベキュー、プールなど暑さに負けずにアクティブに夏を満喫された方も多くいらっしゃるでしょう。

じりじりとした太陽が照りつける暑い夏が終わり、次に訪れるのはです。

皆さんは、秋は何をして楽しまれますか?

夏にアクティブに動き回った分、は芸術や読書など静かで穏やかな過ごし方を考えていらっしゃるかもしれません。

そんな皆さんに、秋の楽しみの1つとして提案したいのが十五夜です。

十五夜にお月見をすれば、秋の風情を感じながら楽しむことができます。

そこで、今回は十五夜にまつわる知識をお話します。

また、十五夜を更に楽しむための行事食もご紹介します。

スポンサーリンク

十五夜ってどんなもの?

十五夜とはどのようなものなのでしょうか。

そして、2016年の十五夜はいつなのでしょうか。

最初に、十五夜についてお話します。

十五夜はいつなのか

十五夜は、旧暦8月15日から16日にかけてのを指します。

十五夜と同じように旧暦の8月15日に関する言葉には「中秋の名月」もありますが、「中秋の名月」旧暦8月15日の月を指す言葉なので、使用される際にはご注意ください。

今年の十五夜はいつ?

現代を生きる私たちが普段使っている暦と、旧暦は異なります

現代での十五夜を知るためには、旧暦と現代の暦を重ねて探します。

そうすると、2016年十五夜9月15日(木)から16日(金)にかけてのだとわかります。

スポンサーリンク

十五夜に楽しむ行事食

十五夜には、お月見を楽しまれる方もいらっしゃるでしょう。

日本には古くから月を愛でる習慣があります。

ただ月を眺めて風情を感じるのもいいですが、十五夜にまつわる料理食べ物をお月見のお供にしたら十五夜をより一層楽しめます

ここでは、十五夜に楽しみたい行事食についてお話します。

お月見といえばやっぱりお団子!

お月見の食べ物として、お団子をイメージされる方も多いのではないでしょうか。

昔、十五夜には、稲刈りでの豊作を祈願して米の粉を使って作ったお団子お供え物にする風習がありました。

ですから、昔の人に倣って十五夜にお団子を作ってお供えをしてみるのもいいでしょう。

また、お供えをしなくても、お団子作りお子様も楽しめるので、お子様と一緒に楽しくお団子作りをして、その後、家族みんなで美味しく頂くのもおすすめです。

お芋も十五夜の行事食!

中秋の名月は、昔、中秋前に収穫したお芋お供えすることもあったため、芋名月とも呼ばれています。

今でも、地域によってはお芋、枝豆、栗などをお供えする習慣が残っています。

ですから、お芋を使った料理を行事食として十五夜に食べるのもおすすめです。

まとめ―お月見と行事食―

いかがでしたでしょうか。

お月見をする時には、行事食を一緒に楽しんだ方がより一層お月見を楽しめます

お月見の定番の行事食は米粉を使ったお団子お芋です。

けれども、楽しめることが一番大切ですから、お団子に好きなトッピングをしたり、行事食をみんなで作ったりすることも十五夜と行事食の両方を楽しむコツです。

皆さんも今年の十五夜は行事食と一緒にお月見を楽しみませんか?

 - イベントでトク, 月見でトク