あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

衝撃のスーパームーン2016はいつ?見るべき時間と観察便利グッズ

   

moon-796907_1920

夜空を見上げると月が輝いており、そのについ見とれてしまうことってありますよね。

古来から日本には月を愛でる習慣があり、現代でもお月見は人々の季節の楽しみとなっています。

スーパームーンお月見のタイミングには最適です。

一年で最も月が大きく見えるスーパームーンの夜ならば、普段よりもをじっくりと観察できるでしょう。

また、月に願い事をするという習慣もありますが、大きく見えるスーパームーン願い事をしたら叶う可能性もぐっとアップしそうですよね。

そこで、今回は2016年のスーパームーンの日や見る時に便利なグッズ、願いのかけ方などスーパームーンを楽しむための知識をご紹介します。

スポンサーリンク

2016年のスーパームーンはいつ?

不思議な魅力を持つスーパームーンですが、2016年はいつスーパームーンを見られるのでしょうか。

また、スーパームーンが見える時間帯と方角はどのようになっているのでしょうか。

2016年にスーパームーンが見られる日

スーパームーンは満月、または新月と楕円軌道における月の地球への最接近が重なることによって、地球から月を見た時にの円盤が最も大きく見える時を指します。

スーパームーンが起こる回数は、その年によって異なります。

2014年は1年の中で3回もスーパームーンを見られることが出来ました。

2016年11月14日(月)にスーパームーンが見られます。

また、今回のスーパームーンは通常よりも月と地球の距離が縮まるので、68年ぶりに更に大きく見えるのです。

時間帯と方角

まず、時間帯についてです。

月が最も地球に接近する時間は、日本の時刻だと午前11時です。

この時間帯は日本では昼間なので残念ながら観測することは出来ません。

しかし、月が地球に最も近付いている時間帯に見ることは出来なくても、月が綺麗に見える時間帯というものがあります。

それは、満月になる時間帯です。

日本から見た時、スーパームーンが満月になる時間は午後10時53分ですので、午後10時くらいから月を意識しておくと満月になる瞬間を見逃さないでしょう。

次に方角についてです。

月は東から西に向かって沈んでいくので、夕方から夜にかけて月が見やすい時間帯ならば南東が深まって明け方に近付く時間帯ならば西の方角を見るようにしましょう。

 

スマホでも撮れる!スーパームーンを撮影するコツ

ポストカードや天体写真を見ると、綺麗な月写真が多くあります。

こうした写真は高性能のカメラや専門の機材がないと撮影することは難しいです。

しかし、身近にあるスマホでもスーパームーン撮影することが出来るのです。

ここでは、スマホスーパームーン撮影するコツをご紹介します。

ISO感度の設定に一工夫!

スーパームーンの撮影をする時は、ISO感度の設定を高い数値に変更しましょう。

ISO感度を高くすると、暗い場所でも綺麗に明るく写真を撮ることが出来ます。

暗いところで写真を撮る時にはフラッシュを使う方も多いですが、フラッシュ使わないようにするのがコツです。

また、ISO感度を高くするとシャッタースピードが速くなるので、手ブレが起こりやすくなります。

ですので、脇をしめたり、三脚を使ったりすることでスマホしっかり固定して撮りましょう。

また、タイマー機能で撮影するのも手ブレ防止に繋がります。

ズームではなく双眼鏡を使う!

遠くにあるものをアップ撮影する時にはズーム機能を使いますよね。

しかし、ズームをすると画質は落ちてしまいますのでスーパームーンの撮影には適しません

ズームの代わりに、双眼鏡オペラグラスをスマホのカメラレンズに合わせて撮るようにすると、画質はそのままで大きくスーパームーンを撮ることが出来ます。

スーパームーンを見る時に便利なグッズ

「スーパームーンを観察したい」「スーパームーンを撮影したい」など、スーパームーンを見る人々の思いには様々な目的もあるでしょう。

ここでは、目的に合わせたグッズをご紹介します。

スーパームーンを撮影したいなら曲がる三脚がオススメ

撮影を主な目的とされるなら、三脚必須アイテムです。

しかし、仲間で集まってスーパームーンを見る時に大きな三脚を持っていくと荷物になってしまいます。

また、三脚を上手に設置できない状況になる可能性だってあります。

そこでおすすめなのが、脚が曲がるタイプ三脚です。

足が曲がる三脚は、ベランダの手すりでも、ドアノブでも脚を曲げることで簡単に取り付けることが出来ます。

また、サイズも小さめなので荷物にもなりません。

【楽天商品:http://item.rakuten.co.jp/orange58/sankyaku-ip/#sankyaku-ip】

スーパームーンを観察したいなら軽量型の双眼鏡がオススメ

観察を主な目的とされるならば、軽量型の双眼鏡がおすすめです。

本格的な望遠鏡や双眼鏡はサイズも大きく、重みのあるものも多いですが、軽量型の双眼鏡にすれば女性お子様でも無理なく使えます

また、軽量型のものならばスーパームーンの観察が終わってからも、コンサートやスポーツの試合などでもオペラグラスとして使用できます。

そして、先程お話したようにスマホのカメラレンズに双眼鏡のレンズを合わせれば、高画質スーパームーン撮影をすることも出来ます。

【楽天商品:http://item.rakuten.co.jp/gorilla55/nashica-10/】

月に願いを…スーパームーンへの願い事

願いのかけ方

願いのかけ方は色々あります。口に出す方法もあれば、心の中で祈る方法もあります。

ここでは、願い事を紙に書く方法をご紹介します。

 

満月によるスーパームーンの場合の願いのかけ方

満月は、達成・完了のパワーが強く、手放したい願い事をすると効果的と言われています。

例えば、自分にとって良くなく断ち切りたい人間関係、ずっと抱えてきた心の傷、不安など手放したいことをお願いすると効果的です。

お願い事をする時には、青い紙ペンを使います。

この時に使うペンは、自分にとってお気に入りのペンだと効果が高くなります。

願い事は2~10個にします。

具体的にイメージをしながら願い事を書いたら、その日の日付と署名を入れて、願い事を読み上げます。

そして、感謝の気持ちを述べながら紙を破って捨てます

 

新月によるスーパームーンの場合の願いのかけ方

新月には育てるパワーが強く、新しく始めることに関わるお願い事をするのに適しています。

例えば、ダイエット、好きな人へのアプローチ、仕事での新しいプロジェクトへの挑戦などのお願い事等が挙げられます。

新月の時の願いのかけ方も、やはり紙にペンで願い事を書きます

紙の色は問いませんが、鉛筆やシャープペンシルで書くより、ボールペンなどしっかりかけるものの方が効果的です。

願い事は2~10個にします。

書く時は肯定的な文章で、自分が主体になるように書きます。

例えば「彼と結ばれますように」ではなく、「私は彼と結ばれます」と書きます。

書き終わった紙は次の満月までは保管をします。それ以降は、保管し続けても廃棄しても問題ありません。

みんなはどんなお願い事をしているの?

ここまで、スーパームーンへのお願いのかけ方をご紹介しましたが、世間の人々どのようなお願い事をしているのでしょうか。

少しみなさんのお願い事をのぞいてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ ―スーパームーンを楽しむために―

いかがでしたでしょうか。

2016年スーパームーン11月14日(月)です。

月が最も地球に近付く瞬間は日本は午前中ですが、夕方からにかけての時間帯や満月の時間帯ならばスーパームーンを綺麗に見ることが出来ます。

願い事をすると叶うとも言われているスーパームーンを観察したり、撮影したりして楽しむためには便利グッズを準備したり、自分が月を見る時間に月がどの方角にあるのかを把握しておくことが大切です。

皆さんも今年のスーパームーンを楽しみましょう!

 - 月見でトク