あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

七五三はいつまでに行くもの?早生まれなどの計算をわかりやすく!

   

shrine-1605177_1280

お子さんの年齢が三歳に近付くと、七五三のお参りについて気になり始める方も多くなるのではないでしょうか。

七五三は、お子さんの健やかな成長を感謝し、祝う習慣です。

最近では、記念写真撮影に力を入れる方も多くなっていますが、元々はお子さんの成長の感謝を祝う習慣なので、お参りに行くことも大切です。

しかし、ご自分が子どもの頃に七五三を祝った時の記憶だけでは、お参りに行くタイミングや年齢もよくわかりませんよね。

そこで、今回は七五三のお参りや年齢についてお話します。

スポンサーリンク

七五三のお参りはいつ行ったらいいの?

day-planner-828611_1280

七五三が秋にあるということを漠然と知ってはいても、お参りに行く日はいつなのかということまではわからないという方もいらっしゃるでしょう。

まずは、七五三のお参りの時期やタイミングについてお話します。

七五三のお参りの日

七五三のお参りやお祝いは、お子さんの年齢関係なく、毎年11月15日に行うのが一般的とされています。

しかし、11月15日が休日と重なればその日にお参りやお祝いをすることが出来ますが、仕事や用事と重なってしまい、11月15日に行うことが難しい場合もあるでしょう。

七五三は習慣的には11月15日ではありますが、必ずその日に祝わなければいけないという決まりはないので、11月15日前後であれば問題ありません

お参りの混雑の時期

七五三のお参りでも混雑する時期というものがあります。

10月後半から11月前半にかけての土日は特に混雑が見込まれます。

また、大安の日にお参りをしたいと考えられる方も多いので、大安の土日は更に混雑が見込まれます。

参考までに申し上げますと、2016年の10月後半から11月後半の中では11月13日(日)が大安です。

七五三の年齢の疑問

七五三は、お子さんが3歳、5歳、7歳の時に祝うものです。

しかし、お祝いをする時の年齢は満年齢なのか、数え年なのかわからないこともあるでしょう。

ここでは、七五三を祝う時の年齢についてお話します。

満年齢?それとも数え年?

明治時代までは数え年で七五三を祝っていましたが、現代では満年齢でお祝いをすることが主流となっています。

ですから、数え年で祝っても満年齢で祝っても、どちらも正解ということになります。

早生まれの子はどうなるの?

先述したように、七五三のお祝いをするのは数え年でも満年齢でも、どちらも正解です。

ですから、家庭によってはお子さんが2歳のうちにお祝いをする場合もあれば、3歳になってからお祝いをすることもあります。

七五三はお子さんの成長を祝うためのものであり、主役はお子さんです。

遠出や着慣れない洋服を長時間着るというのはお子さんの体力の負担にもなりますから、お子さんのことを考えて七五三のお祝いをするタイミングを決めるのがベストだと言えます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

七五三は、習慣的には毎年11月15日にお祝いをするものでした。

しかし、必ずしもその日にお参りをしなければいけないというものではありませんので、11月15日を目安にしてお参りに行くといいでしょう。

また、お祝いをする時のお子さんの年齢は満年齢でも数え年でも正解ということになりますので、お子さんの体に負担が少ないようにタイミングを決めるようにすることが大切です。

 - イベントでトク, 七五三