あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

七五三の写真で親の服装はどうすべき?着物レンタルか私服の選び方

      2016/09/30

七五三のお参りで服装に悩んではいませんか?
和装が良いのだろうけど動きにくい、着付けが大変、着物は高くて買えない、洋服はダメなの?
など、多くの悩みがあると思います。
今回は親の服装はどのようなものが良いのか、洋服でお参りは良いのか、これらの悩みを解決していきましょう。

スポンサーリンク

七五三の由来

どうして七五三のお参りは和装という決められた印象があるのでしょうか?
時代は平安時代まで遡ります。平安時代では子供は7歳まで「神の子」とされていました。
「神の子」から「一人前」になるために3歳から7歳の間に人生の通過儀礼として昔からめでたいとされていた奇数の歳に儀礼を行っていたのが由来になります。
そして、その儀礼が現在、七五三のお参りは和装と印象付けているのです。

3つの儀礼

では、その儀礼とはどのようなものなのでしょう。

  • 3歳に男の子、女の子共に髪を伸ばし始める「髪置」
  • 5歳に男の子が袴を着ける「袴着」
  • 7歳に女の子が帯を締める着物を着る「帯解」

この3つの儀礼が七五三となり男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお参りをするのです。

お参りの服装は和装にこだわらない

お参りの服装は着物や袴でなくても大丈夫なのです。

神様にお参りする気持ちとそれに似合った正装であれば着物や袴などの和装ではなくワンピースやスーツなどの洋服でも構わないのです。

親の服装

親の服装は七五三写真を一緒に撮る時もですが父親はスーツ、母親はスーツやワンピースといった入学式に着るようなイメージの服装で良いのです。
しかし、母親である女性が気をつけないといけないことがあります。
それは派手すぎない、露出が多すぎないということです。
胸ものにブローチなどの飾りで十分なのです。

子供の服装

問題はお子さんの服装ですよね。
やはり着物や袴がいいのか悩みますよね。
七五三の前撮り写真のサービスにお参り衣装のレンタルが含まれてることもあります。
このレンタルサービスを利用するのもいいですね!
しかし、5歳、7歳の男の子、女の子なら着物や袴を着ていられるかもしれないけど3歳の男の子、女の子に着物や袴は衣装が重すぎるのではないか、動きにくくて泣いてしまうのではないかと心配になりますよね。
そんな時には洋服でお参りでいいでしょう。
親同様に入学式や発表会に着るようなドレス、ワンピースやジャケット、半ズボンといった洋服でお参りしましょう。

最後に

現在、お参りの服装にこだわりや決まりはありません。

あくまで基本は和服ということです。

着物や袴の衣装レンタルを使用するもありです。

洋服でも構わないのでお子さんの好みに合わせてあげるといいでしょう。

大事なのは神様にお参りする気持ちと、それに似合った正装です。

 - イベントでトク, 七五三