あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

猫の熱中症の症状は?嘔吐などした場合の処置や病院の判断

   

猫は寒がりと言われてますが、だからと言って暑さに強いわけでもなく、どちらかというと暑がりなのです。猫だってもちろん熱中症になります。

暑がりな猫だからこそ夏に近づくにつれて気温が上がれば熱中症の心配があります。

熱中症から猫を守るために症状や対策を一緒に学びましょう。

スポンサーリンク

猫の熱中症は?

30℃以上続いてさらに湿度が60%ある条件の中、猫がぐったりしている場合、熱中症の可能性があります。

そのまま気づかないでいると熱中症の症状が出て、最悪の場合手遅れになってしまいます。

まずはぐったりしている、何か様子がおかしいという場合は具体的な症状に注目しましょう。

具体的な症状

猫の熱中症の具体的な症状です。

  • ぐったりしている
  • 食欲不振
  • 呼吸が荒い
  • よだれが多い
  • ふらついて歩く
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 痙攣

この様な症状が順番に発症します。痙攣は相当危険な状態ですが、ここまで来て異変に気づかない方はいないと思います。

食欲不振、呼吸が荒いというような変化に気づくか気づかないかで大きく変わってきますので、暑い日が続いたときはいつも以上に注目しましょう。

ちなみにこの症状は猫に限らず犬や他の動物にもあてはまります。

さて、次に気になることは病院へ連れていく判断ですよね。病院へ連れていくほど重症なのかどうなのかが難しいと思います。

病院へ連れて行く判断のポイント

病院へ行き適切な治療を受けるのが早ければ早いほど回復も早く猫への負担が少なくすみます。

病院へ連れていく判断のポイントとしては、呼吸が荒くなっていたらすぐに病院へ連れて行ってあげてください。人間と違って動物は1匹では何もできません。

私たちが対策や対処を速やかにすることによって大切な猫を熱中症から守っていきましょう。

そもそも大切なペットですので熱中症にならないようにしっかりと対策しましょう。

猫の熱中症対策

室内の温度をなるべく23℃前後にしてあげましょう。湿度が高いのもいけませんので空気の入れ替えとして換気もよくしましょう。

猫が過ごしやすい環境というのが気温20℃から23℃、湿度50%です。なるべく過ごしやすい環境にしてあげましょう。

症状がでた時の対処

それでも症状が出てしまったときのために対策方法も知っておきましょう。

体温を下げる

体の中に熱がこもった結果、熱中症になってしまうので涼しい場所に猫を連れて行きましょう。水をかけてあげて扇風機など涼しい風をおくってあげましょう。

水分をとらせる

脱水症状になっているため水分を多く摂らせましょう。自分で飲む力がない時はスポイトなどを使って水分を与えましょう。

予兆やサインは?

パンティング呼吸というハァハァと舌をだした呼吸をしたり、家の中を涼しい場所を探し歩いていたら体が暑い証です。

このような行動がみえたらすぐに対策をとりましょう。

スポンサーリンク

まとめ

猫はしゃべることが出来ません。飼い主の方が気づくか気づかないか。対応が早いか遅いかで猫の負担は大分変わってきます。

自分が一緒に過ごすと決めた猫ですので猫に辛い思いはさせないよう、病院へ行く判断、症状、予兆、対策はしっかりと覚えておきましょう。

 - 熱中症対策でトク, 生活でトク