あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

日焼け対策グッズはこれがあれば他はいらない!

   

ハワイ 樹木

日焼け対策として一番多く利用されているのは日焼け止めクリームだと思います。

しかし、日焼け止めクリームは汗や水で落ちてしまったりもするので何度も重ね付けが必要だったりSPFが高い物ほど肌への負担も大きくなってきます。

肌が弱い方でも安心して使える日焼け対策グッズや帽子の選び方を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

日焼け対策グッズ

日傘

日傘は日焼け止めクリームの次に定番の日焼け対策グッズですね。折り畳み式の軽い物が売れ筋です。

使わない時はカバンの中にしまっておけて、使う時にさっと手間なく出して使えるので便利ですね。

アームカバー

真夏日や猛暑日に長袖を着るのは暑くて無理!ムシムシする満員電車での長袖はきつい!

そんな時におすすめなのはアームカバー。外出する時にサッとはめて、電車やバス、建物内ではサッと外す。

UVカットのアームカバーであれば、日焼け止めクリームとは違い汗などで落ちてしまうこともありませんし

今は通気性の良い物がたくさん発売されているので暑さも軽減できます。

UVカットマスク

最新の物はフェイスカバーとネックカバーを兼ねているので顔と首を覆うことができます。

開口部もあるので水分補給もマスクを着けたままできますし、吐いた息が下に抜けるのでメガネなどもくもりにくい構造になっています。

日焼け対策効果が高い帽子

紫外線対策 女性

日焼け対策として帽子はかかせないものです。しかし、色やデザインによって紫外線を防ぐ効果は変わってきます。

帽子の色

最も紫外線を通しにくい色は黒。黒を筆頭にネイビー、赤、青など濃い色ほどUVカット効果は高まります。

白は反射率が高いのでUVカット効果も高そうなイメージですが、反射する以上に紫外線を通してしまいます

紫外線透過率は黒で10、対して白は65と大きく違ってきます。

ツバの広さ

ツバの長さが7cm以上ある帽子は約7割紫外線をカットしてくれます。できるだけツバの広いものを選びましょう。

生地の目の粗さ

紫外線は光の中に含まれるので、光を通しやすい目の粗い物より生地の目の細かい物の方がおすすめです。

ムレにくいので麦わら帽子など人気がありますが、目が粗く光を通しやすいのでUVカットには適しません。

UVカット加工されている帽子

UVカット加工されている帽子であれば、どんな色でもUVカットする加工がされているので気にすることはありません。

UVカット加工されている物を選ぶ時の目安は「UPF」。衣類や帽子などの繊維製品に使われる紫外線カットの数値です。

SPFPAと同じような意味合いです。UPF4050+で95%の紫外線をカットできます。

生地によっては洗濯の度にUVカット効果が減ってしまうものもあるので要注意です。

普通の生地にUVカット加工したものは流れ落ちてしまうので、生地にする前の繊維の段階でUVカット効果のあるカーボンやセラミック、チタンなどを直接練り込んで作られている生地なら洗濯にも負けません。

スポンサーリンク

紫外線対策グッズ総括

帽子は色や素材、デザインなどたくさん種類がありますが、日焼け対策効果で選ぶのなら、ポイントを押さえて選んで下さいね。

上手に日焼け対策グッズを選べばカンカン照りの日も安心して外出を楽しめます!

 - 日焼け・紫外線対策でトク