あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

夏バテの原因は食事にあり!すぐに解消できる3つの方法

   

毎年やって来る暑い夏。今年こそは夏バテしない、夏の初めにはそう思うのですが仕事、家事、育児などに追われ

結局今年も夏バテ・・・という方多いのではないでしょうか。そんなあなたはこれを読んで今年は夏バテしない身体を

作りませんか?夏バテの原因を知り今のうちから対策を立てて、今年こそは夏バテ知らず!

そもそも夏バテって何が原因?

人間の体は日本の夏のように高温・多湿の状況におかれると、体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消費

します。多くの場合はこの負担に耐えることはできますが、暑さが毎日続いたり長引いたりすると、体が対応できずに

体にたまった熱を外に出せずに熱が出たり、胃腸の働きが弱まったりします。この無理が続き、体力が限界に来ていること

これを夏バテと言います。

夏バテ原因①自律神経の不調

人間は暑くなると、汗をかいたり血管を広げたりして体温を逃し、暑さに対応しようとします。この体温調節は自律神経の

働きによるものです。体はすぐには気温の変化についていけないため、暑い外から冷房の効いた部屋に入ってもすぐには

態勢を切り替えることができずに、熱を放出する必要のない環境で熱を放出してしまいます。温度が下がったことに気付い

た自律神経は慌てて態勢切り替えを行いますが、この切替が1日続けば自律神経自体が疲れてしまうのです。

夏バテ原因②水分不足

体の中から熱を放出するべく「汗」をかくには、「水」が必要となります。うまく汗をかき、熱を放出しないと体が高温

に保たれてしまい、人間の体は不調をきたします。日本の夏では、軽作業だけでも1日2~3リットルの汗をかきます。

これを補うだけの水分補給をしないと頭痛、鼻水、むくみなどがおき、ひどい時は下痢やおう吐などの症状も起こります。

夏バテ原因③胃腸の働きの低下

暑さのせいで体の中の体温が高まると胃腸への血流が少なくなります。汗をかくと体内の塩分が不足し胃酸も減ります。

この状態で冷たい飲み物やお酒などを飲むと胃をこわしたり、下痢を起こしたりします。胃腸の温度が下がり、消化器官

内の消化酵素の働きも低下します。加えて自律神経の不調により、さらに胃腸の働きが落ちます。胃腸の働きが落ちると

体力減少し、疲れはたまり、ますます自律神経の不調は進みます。胃腸の低下と自律神経の不調はお互いを悪化させます。

これはNG。夏バテの原因は食生活にも

暑いので冷たい飲み物をゴクゴク、食欲があまりないので食事は麺類ばかり。このような食生活を続けていると夏バテを

悪化させてしまうのです。

冷たい食べ物

暑いからと冷たい飲み物ばかりを飲み、そうめんなどの冷たい物ばかり食べていると冷えて胃腸の機能が低下します。

冷房などの冷えた場所ですと、さらに冷えを悪化させ胃腸は疲労をためることになります。

甘い食べ物

砂糖を摂りすぎると糖質分解のためにビタミンを使い血糖を急上昇させます。体は血糖を下げようと必要以上に働くため

低血糖状態になり疲労を感じやすくなります。ビタミン不足や低血糖は疲労感やイライラ、集中力低下の原因にもなり

砂糖を吸収するために胃の負担も大きくなり食欲不振の原因にもなります。

 

 - 夏バテ対策でトク, 生活でトク