あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

赤ちゃん(0歳児)用の日焼け止めの方法は?おすすめを紹介!

   

初夏から夏にかけては紫外線が強まり、外出をする時には日焼け対策に気を遣う方も多くなります。何も日焼け対策をせずに海水浴に行ったら、後から日焼けで体中がひりひりと痛んだり、シミやそばかすができてしまった経験のある方もいらっしゃるでしょう。

大人でも日焼け対策をせずに太陽の光を浴び続けていれば、紫外線を体に受け続けてダメージが表れます。まだ肌の弱い赤ちゃんは、ただでさえ肌が弱いため、大人よりも紫外線によるダメージを受けやすいと言えます。

しかし、天気のいい日などは赤ちゃんと一緒に外へ散歩に出掛けたりもしたいですよね。それでは、まだ肌が弱い赤ちゃんの日焼け対策はどのようにしたらいいのでしょうか。大人と同じような方法でもいいのでしょうか。そこで、今回は赤ちゃん(0歳児)用の日焼け止めについてお話します。

スポンサーリンク

日焼け止めの使用に関しての不安

Q&A

大人でも化粧品やボディーソープ、日焼け止めなどを塗った後に肌荒れを起こすことがありますよね。赤ちゃんの肌は大人よりも弱いので、大人よりも敏感に肌荒れを起こしやすいと言えます。しかし、紫外線対策をせずにいれば、紫外線によって赤ちゃんの肌がダメージを受けてしまいます。

赤ちゃんの肌を守るためにも紫外線対策は必須ですが、日焼け止めを使うことにも不安を感じる方も多いのではないでしょうか。また、大人と同じ日焼け止めを使っても大丈夫なのかという不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

赤ちゃん用日焼け止めを選ぶポイント

赤ちゃんの肌は大人よりも弱いので、日焼け止めを選ぶ時にはいくつか気を付けたいことがあります。

まず一つ目のポイントとしては、SPFとPA値が低いものを選ぶことです。大人だと、長時間外に出る時や絶対に日焼けをしたくない時などにはSPFとPA値の高いものを使う方も多いですが、SPFとPA値が高いとそれだけ肌に負担がかかってしまいます。ですから、赤ちゃんにはSPFとPA値の低いものを使うようにしましょう。

二つ目のポイントは、低刺激のものを選ぶことです。日焼け止めの中には防腐剤などが無添加のものやお湯・石鹸で落ちるものなどがあります。こうしたものは、肌に刺激の強い成分が少ないので、赤ちゃんにも安心して使えます。

また、日焼け止めの中には、赤ちゃん用に開発された商品もありますから、ご自分で選ぶことに不安が大きいようでしたら赤ちゃん用として販売されている日焼け止めを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めクリームを使わない紫外線対策

日よけ baby

日焼け止めクリームを塗れば、お散歩の時でも赤ちゃんの肌を紫外線から守ることができます。

しかし、いつも日焼け止めクリームを塗ることに抵抗があったり、赤ちゃんが日焼け止めクリームで肌が荒れてしまったりする場合もあるでしょう。そうした時には、日焼け止めクリームを使わずに紫外線対策をしましょう。

車ならば窓にUVカットのフィルムを貼ることで紫外線をカットできますし、ベビーカーでの移動ならば日よけを必ずするように心がけることで紫外線対策をすることができます。
窓や車のUVカット対策はこちらの記事でご紹介しています。
もう常識!UVカットを家や車でも楽々対策グッズ!

また、つばの広い帽子やサングラスは大人でも紫外線対策に用いられることが多い方法ですが、これらの方法は赤ちゃんでも有効です。

赤ちゃん用のサングラスやつばの広い帽子も売られていますから、夏のファッションを赤ちゃんと楽しみながら紫外線対策をするのもおすすめです。

こちらも一緒に読まれています

  • UVカットをしなければならない3つの理由!想像より強い紫外線

 - 日焼け・紫外線対策でトク, 生活でトク