あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

月餅の中身とは?中国・ベトナム・台湾・日本の違いとは一体?

      2016/09/06

中秋節の時期がやってきました。
今年も贈り物や月を眺めながら食べるのに月餅はいかがでしょうか?
そんな月餅ですが肝心なのは中身である餡ですよね?
たくさんの種類の餡があり好みも違います。
そして国によっても餡は変わります。
今回は本場の中国、台湾を始め、ベトナムや日本の餡の違いを紹介していきます。

スポンサーリンク

月餅とは

そもそも月餅とは中国のお菓子で中秋節にお供えするものとして作られてきました。
今ではお世話になった人に贈る風習もあります。

月餅は高カロリー?!

そして月餅は薄い皮に餡がぎっしり詰めて焼き上げたものなのでカロリーが高いのです。
100gで357kcalとなっています。
美味しいけど食べ過ぎには注意が必要なお菓子です。

では、そんな月餅ですが
どんな餡があるのでしょうか。

月餅の中身

小豆餡、白餡、黒ごま餡、木の実やナッツ類をいれた餡といったものが一般的な月餅の餡となっています。

では国ごとに中身を見ていきましょう。

ベトナム

ベトナムでは月餅を中国同様、お世話になった人に贈る風習があります。
しかし、想像を超える中身をしているのです。

塩漬け卵が入った餡は定番ですよね。
もちろん、ベトナムでも月に見立てた塩漬け卵をつかった月餅があるのですが、ベーゴンや豚肉と一緒に卵が入ってるのです。
日本にはない餡ですよね…
ほかにもドリアンの餡や日本では不思議に思える餡があります。

中国

中国の月餅は3種類あり、皮と餡の比率もかわってきます。

広州の月餅

広州の月餅は皮と餡が2:8となっていてまさに薄皮に餡がぎっしりです。

北京の月餅

北京の月餅は皮と餡が4:6となっていて甘さも広州よりは控えめとなっています。

蘇州の月餅

蘇州の月餅は2つに比べると非常に甘く餡の種類が多いことが特徴の月餅です。

中身は共通

皮と餡の比率や甘さは違っても中身は一緒で、小豆や黒ごま、クルミやナッツの餡や桃やイチゴなどの餡もあります。
現在では紅茶にあう味の餡もあります。
広州では紅茶とセットで月餅を出しているそうです。

台湾

台湾では中国の広州よりの月餅になります。
薄皮にぎっしり詰まった餡の月餅で中身も中国と変わりません。
しかし、ラードと砂糖がたくさんの入ってるため非常に高カロリーとなっています。

それとは別に台湾式という月餅もあり、皮はパサパサでポロポロこぼれてしまうパイ生地のような皮なので食べにくいのですが甘さが控えめなのでコーヒーや紅茶にあう月餅です。

日本

日本の月餅は中国の餡に加え、ドライフルーツを入れた餡もあります。
日本人の口に合うように味も変わっていて甘さなども本場の中国とは違います。
特に変わった餡があるわけではなく、一般的な餡の月餅となっています。

まとめ

国によって月餅は餡も味も違って種類もたくさんのあります。
私たちからしたらビックリするような餡でもその国の人からは当たり前の月餅です。
もし、機会があればそれぞれの国の月餅を召し上がってみてください。

 - イベントでトク, 月見でトク