あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

中秋の名月とは?意味を知って仲秋の名月との違いをわかりやすく

   

moon-141291_1280

秋の行事と言えば、お月見があります。

日本の四季にはそれぞれに楽しみがありますが、秋になるとお月見を意識される方も多いのではないでしょうか。

皆さんはお月見をするなら、どのタイミングにお月見をしたいと考えていらっしゃいますか?

十五夜でしょうか。中秋の名月でしょうか。十五夜や中秋の名月という言葉はよく耳にする、月に関わる言葉です。

しかし、その言葉の意味を理解せずに使っていませんか?そこで、今回は中秋の名月の意味を解説したいと思います。

また、「中秋の名月」という言葉と同じ音で読む言葉には「仲秋の名月」という言葉もあります。

「中秋の名月」「仲秋の名月」どう違うのかということについても解説します。

スポンサーリンク

中秋の名月ってどういう意味の言葉?

では、まずは中秋の名月の意味について解説していきたいと思います。

そして、中秋の名月の起源についても考えていきたいと思います。

中秋の名月の語源

1年の中には、春夏秋冬の4つ季節があります。

旧暦では、3ヵ月単位で季節が移ろうものとされていました。

ですから、現代の感覚とは少し異なり、旧暦では1月から3月4月から6月7月から9月10月から12月となります。

そして、1つの季節は3つの月があるので、それぞれを初・中・晩と分けました。

そのため、旧暦の秋の真ん中の月は8月なので、8月は中秋となります。

また、旧暦における月の真ん中にあたる日は15日のため、旧暦の8月15日は秋の中日の月として「中秋の名月」となるのです。

中秋の名月の起源とは

中秋の名月の正確な起源は、残念ながらわかっていません。

ただ、1つの説が述べられ、この説が有力視されています。

8月15日は、夏の作物の収穫期を終え、稲刈りを行えるようになる日を待っている時期です。

そのため、農作業の手が空くこの時期に夏の農作物の収穫の感謝とこれから迎える稲刈りでの豊作祈るようになったと考えられています。

夏には芋が収穫できるので、芋の収穫を感謝するため「中秋の名月」「芋名月」とも呼ばれることがあります。

今年の中秋の名月はいつ?

中秋の名月は、旧暦の8月15日にあたる日です。

旧暦と現代の暦は異なりますから、現代で中秋の名月にあたる日を割り出すには旧暦を現代のカレンダーに当てはめます。

そうすると、2016年中秋の名月9月15日(木)となります。

スポンサーリンク

「中秋の名月」と「仲秋の名月」は違うの?

icon-354009_1280

「中秋の名月」という言葉と同じように、「仲秋の名月」という言葉もあります。

この2つの言葉は、口に出すとどちらも「ちゅうしゅう」となります。

しかし、文字が違うように、意味も異なります。ここでは、「仲秋の名月」の語源と意味についてお話します。

仲秋の名月の語源

中秋の名月は、1つの季節を構成する3つの月を初・中・晩と分けるため、秋の真ん中の月である8月が中秋となりました。

実は、仲秋も中秋とよく似た語源のある言葉なのです。

中国でも、旧暦では1つの季節を構成する3つの月をそれぞれ孟・仲・季と分けました。

孟・仲・季というのは、兄弟の順番を表す文字です。

そのため、秋の真ん中の8月は、中国では仲秋となったのです。

「中秋の名月」と「仲秋の名月」の違い

ここまでで「中秋」と「仲秋」には似た語源があることが分かりました。

しかし、「中秋の名月」「仲秋の名月」では意味が異なってきます。

中秋も仲秋も8月を指していますが、「中秋の名月」8月の真ん中である15日の月を指しています。

これに対し、「仲秋の名月」8月の月を指しています。

ですから、旧暦8月15日の月を表す時には「中秋の名月」が妥当です。

ただ、8月15日の月も8月の月であることにかわりはないので「仲秋の名月」という文字を使っても間違いではありません。

 - イベントでトク, 月見でトク