あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

一宮七夕まつりの歴史や由来は?
よさこいパレードをさらに深く!

   

東京の練馬ICから東名自動車道と名神自動車道を使って、約4時間。

大阪の吹田ICから名神自動車道を使って、約1時間50分。

車で遠出をしたところにある一宮市。紡績・繊維の一大産業地でもあったので、「女工の街」としても知られ、女性の人口比率が高い市です。

交通の要衝でもあり、名古屋市のベットダウンとしても栄えています。そんな一宮市で夏に多くの人が集まるまつりがあります、それが”一宮七夕まつり”。

一宮七夕まつりの魅力と楽しみ方を通して、一緒に一宮も楽しめる!方法をお伝えします。

スポンサーリンク

一宮七夕まつりの歴史

昭和31年に一宮市民が中心となり、繊維の神様に感謝し更なる繊維産業の発展を願って始まりました。今年で61回目を迎える七夕まつりで、仙台・平塚とあわせて日本三大七夕まつりのひとつとも称されています。毎年約130万人もの人で賑わっています。

ichinomiya_tanabata出典:http://www.city.ichinomiya.aichi.jp/shisei/keizai/1010115/1000007/1004933.html

余談ですが、過去にはあの国民的アイドルの目撃情報もありますよ。

一宮七夕まつりの由来

一宮市民の守り神として崇敬されている真清田神社の祭神「天火明命(あめのほあかりのみこと)」の母神「萬幡豊秋津師比売命(よろずはたとよあきつしひめのみこと)」は太古から織物の神様として知られ、そのご加護により一宮地方の織物産業が発展したと言われています。

織物と因縁の深い牽牛・織女にちなんだ、おりもの感謝祭一宮七夕まつりは、毎年7月の最終日曜日をフィナーレとし、木曜日から4日間一宮市をあげてくりひろげられます。

第61回目の今年は、7月28日(木)〜7月31日(日)まで行われます。

よさこいパレードとワッショーいちのみや

各地のまつりで外せないのが、よさこい。

よさこいの語源は、夜さり来い(夜に来い)の古語が変化して、よさこいになりました。1954年(昭和29年)高知県で第一回よさこい祭りが行われたのが、現在全国に広まっている、よさこい祭りの発祥です。

よさこいの特徴として

  • 鳴り物:手に鳴子(なるこ)を持って、鳴らしながら踊る
  • 曲:地元の伝統民謡やご当地ソングを5分程度にアレンジしたもので演舞
  • 衣装:和風にアレンジされた、チームオリジナルのものを着用>
  • 化粧:歌舞伎や日本舞踊やバレエ等をモチーフにして、チーム独自に工夫をほどこす
  • 踊り:各チームでオリジナルなものを創る

代表的なよさこい祭りは、高知市のよさこい祭り、札幌市のYOSAKOIソーラン祭り、名古屋市の日本ど真ん中祭り、などが挙げられます。この一宮七夕まつりでも例年行われています。300ほどの団体が出場しています。

今年は7月30日(土)12時30分からまつりのメイン会場のひとつでもある本町商店街(アーケード街)にてスタート。よさこいならではのダイナミックな踊りと各グループの競い合う技が繰り広げられます。

また、よさこいと同じぐらいにまつりを熱くさせるのが、”ワッショーいちのみや”です。これはまつりオリジナル曲である”ワッショーいちのみや”に合わせて、各グループが自由な踊りと服装でパレードし、まつりを華やかに彩ります。

よさこいグループも並行して参加しているところもあるので、他のまつりイベントとは一線を画すものとなっています。

7月29日(金)19時00からこれも本町商店街にてスタートです。審査も行われ、上位入賞者には賞金も出るほどの力の入れよう。事務局の方々を含め市民一丸となって、まつりを盛り上げようとする気持ちが伝わってきます!

スポンサーリンク

まとめ

一宮市は、交通の要衝や紡績・繊維の街だけでなく、魅力があふれるまつりを開催しているところでもありました。ちょうど梅雨明けした頃で、暑さも盛りの時期。ぜひ日本三大七夕まつりの一つを体験してみてください。

 - イベントでトク, 七夕でトク