あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

鞍馬の火祭「チョッペンの儀」とは?由来と歴史

   

random-94861_1280

皆さんは鞍馬の火祭をご存知でしょうか。

鞍馬の火祭は、独特の風習によるちょっと変わったお祭りを指す京都三大奇祭の一つにも数えられているお祭りです。

鞍馬の火祭は京都・洛北で毎年10月22日に由岐神社一帯で行われます。

皆さんの中には歴史情緒が漂い、静かな時の流れを感じさせる京都の街のイメージがあるかもしれませんが、火祭は非常にパワフルで闇夜の中で燃える松明の炎は生命の力を感じさせるものです。

それでは、鞍馬の火祭とはどのようなお祭りなのでしょうか。今回は鞍馬の火祭についてお話します。

スポンサーリンク

 鞍馬の火祭の歴史

三大奇祭の一つにもなっている鞍馬の火祭ですが、その内容はどういったものなのでしょうか。

また、鞍馬の火祭にはどのような歴史があるのでしょうか。

火祭の歴史

鞍馬の火祭の起源は、平安時代まで遡ります。

平安時代中期は、平将門の乱、大地震などが頻発し、人々は大きな不安を抱えて生きなければなりませんでした。

そこで、940年(天慶3年)に争いや大地震などを鎮めるため、平安京の内裏に祭られていた由岐明神を北方の鞍馬に遷宮することになりました。

北方の鎮めとして遷宮が行われる際には、松明や神道具などを携えた行列が長く伸び、その行列の長さは約1kmに及んだと言われています。

そして、この行列に感激した鞍馬の住民たちはこの時の出来事と由岐明神の霊験を後世に残し、伝えようとしました。

それが、鞍馬の火祭の歴史であり、起源と言われています。

火祭のあらまし

鞍馬の火祭は、毎年10月22日の夜に行われます。

18時ころになると、「神事にまいらっしゃれ」という神事触れの合図によって各戸に積まれた松明に点火がされます。

最初は子どもが中心となり、小さな松明を持った幼い子ども達や中型の松明を担いだ小中高生が街道一帯を往来します。

そして、子ども達の後には大人達が大きな松明を担ぎ、「サイレイヤ、サイリョウ」と囃しながら街道を練り歩きます

松明を持った人々は仲間と呼ばれる御旅所にそれぞれ向かい、20時頃になると御旅所から鞍馬寺の山門前に向かいます。

山門前に松明が集まると、合図によって注連縄が切られ、松明は石段下に全て集められて焼かれます。

松明を焼くと、いよいよ神輿の出番です。

神輿を迎えるための若者が石段を駆け上がっていき、神輿の前で幸神の儀が行われると、八所大明神、由岐大明神の順序で神社から神輿が参道を下ります。

この時、石段を急に降りないように女性達が綱を引きます。

女性達が神輿を参道を下らせるための綱を引く一方では、ふんどし姿の若い男性が担ぎ棒にぶら下がり、逆さ大の字に足を広げます。

これは『チョッペンの儀』と呼ばれるものです。

参道を下りた神輿が練り歩くと、神楽が奉納されて深夜2時頃に神輿が神社に戻る還幸祭が行われることで祭事が終わります。

チョッペンの儀とは

鞍馬の男性にとっては、かつてはこれが元服の儀式であり、この儀式を経験することで成人になると言われていました。

そのため、今でも火祭のチョッペンの儀では2人の若い男性がチョッペンの儀を行っています。


スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

皆さんの中には京都のお祭りと聞くと、静かで厳かなイメージが浮かぶかもしれません。

しかし、鞍馬の火祭のようにパワフルで独特の風習を守り続けているお祭りもあるのです。

皆さんも一度、鞍馬の火祭を間近で見てみてはいかがでしょうか。

 - お祭りでトク