あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

花火大会前に恋愛がしたくなる心理と注意点!これが花火マジック

   

夏の風物詩と言えば花火ですよね。夏になると、花火をしたくなったり、花火大会に行きたくなったりする人も多いのではないでしょうか。特に花火大会は、開催日が近くなると街中のあちらこちらで花火大会のポスターを目にすることも多くなるので、つい意識してしまいやすいものです。

賑やかで明るく楽しい空気が溢れる花火大会に恋人と一緒にデートで行ってみたいと思われる方もいらっしゃるでしょう。花火大会が近付くと、恋人との花火大会デートを思い浮かべることも増え、花火大会までには恋人がほしいと考えるようになる方も多いものです。

デートに花火大会を見物に行くのもいいものですが、花火大会そのものは恋人のためだけのものではありません。それなのに、どうして花火大会が近付くと恋人がほしくなってしまうのでしょうか。実は、そう思える心の奥には人間の心理が働いているのです。

そこで、今回は花火大会前に恋愛がしたくなる心理と花火大会前に恋人を作る時の注意点についてお話します。

スポンサーリンク

花火大会が近くなると恋愛がしたくなる

花火大会が近くなると、恋人がほしいと思いやすくなるのはなぜでしょうか。花火大会にカップルで行く人々が羨ましいという気持ちから、恋人がほしくなるのでしょうか。

羨ましいという感情の影響もあるかもしれませんが、実はもっと深いところで心理効果が生まれているために花火大会が近付くと恋人がほしくなるのです。例えば、子どもの頃、12月になるとクリスマスまでの約3週間は意識がクリスマスに向き、「早くクリスマスにならないかな」とわくわくした経験のある方は多いでしょう。人はイベントが近付くと気分が高揚する性質があります。そのため、花火大会もイベントの一つですから、イベントに向かってドーパミンなどの興奮物質の分泌量が増え、恋愛に対しても前のめりになりやすくなるのです。

また、イベントと一緒に連想しやすいのは「イベントを誰かと楽しむ人々の姿」です。恋人がいない時にこのような光景を想像すると、自分だけが一人ぼっちでいるような錯覚に陥ります。そして、イベントの当日に現実でも孤独に過ごしたくないという深層心理が働いて恋人を欲するようにもなります。

恋愛を始める注意点

一夏の恋はすぐに終わるとよく言われるように、花火大会が近付いた頃に恋愛を始めるならば注意も必要です。ずっと片思いをしていた相手に思いを告げて恋人同士になるならばあまり心配はないのですが、「とにかく恋がしたい!」という感情から恋人探しをしてしまうと、相手の欠点などに気付けなくなってしまうことも多くなります。そのため、花火大会が終わった頃になると、途端に相手の欠点ばかりが目に入るようになって恋愛が終わってしまうのです。

ですから、花火大会前に恋人がほしいと思っても、「とにかく花火大会までに恋人を作ろう!」ということだけに必死になっていると、夏が終わった時に悲しい結末が待っている可能性がありますから、焦らずにしっかりと相手を見ながら恋愛をしましょう。

まとめ

人はイベントのような非日常を目の前にすると興奮しやすくなるため、花火大会が近付くと興奮物質が多く分泌されるようになり、恋愛に対しても前のめりになりやすくなります。また、楽しそうなイメージを連想させる花火大会当日に、自分だけが一人で過ごすという状況を避けたかったり、寂しく過ごすことに抵抗があるために、その状況を回避しようと恋人を作ろうという意識が生まれることもあります。

ただ、花火大会までに恋人がほしいという気持ちだけで恋人を作ろうと突っ走ってしまうと、花火大会の終わりと共に恋愛も終わってしまう可能性も高いので、あくまでも相手と向き合いながら恋愛をするようにしましょうね。

 - イベントでトク, 花火大会でトク