あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

花火大会デート失敗談まとめ!心理学から分析ここがNG

   

花火大会は日本の夏の風物詩です。賑やかな空間で夜空を見上げれば、大きな音と共に真っ暗だった夜空にぱっと明るい花火が光り輝き、一つの花火が消えても観客を飽きさせることなく次々と色とりどりの花火が打ち上がります。

花火大会は夏のデートの定番ですから、皆さんの中にも花火大会デートを経験されたことのある方や花火大会デートをしてみたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。花火大会は普段とは違うシチュエーションで、夜空に輝く花火が雰囲気を演出してくれるので二人の心に深く残る思い出を作ることができます。

ただ、花火大会で深く残るような思い出を手にしても、苦い思い出だったら嫌ですよね。花火大会は普段と違うシチュエーションだからこそ起こってしまう失敗もあります。それでは、花火大会ではどのような失敗が起こるものなのでしょうか。今回は花火大会の失敗談と、失敗の原因の解説をしていきます。

スポンサーリンク

花火大会デートで相手が不機嫌に!

Aさん(仮名)は気になる女性をデートに誘いました。内容は、花火大会と決めていましたが、最初から花火大会に行こうと誘うと言えず、合流してから花火大会に行くことを告げることにしました。

そしてデート当日、Aさんは計画通りに女性と合流してから花火大会に行きました。少しでも女性を楽しませようと色んな話題を振ったりとAさんなりに気遣いをしていましたが、時間が経過するほど女性は不機嫌になり、花火大会デートが終わってからも二人の仲はぎくしゃくするようになってしまいました。

不機嫌になる原因

この失敗の原因はいくつか考えられますが、まず最初に考えられるのはパーソナルスペースの問題です。

満員電車で隣の人が自分の近くにいることを深い感じた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。人は相手に対しどのレベルで心を開いているかによって、お互いの体が近付いても平気でいられる距離が変わります。

花火大会の会場は混雑しているため、Aさんと女性の距離は自然と近くなります。この時、Aさんは女性に好意を抱いていますから近付いていても問題ありませんが、女性がAさんにあまり心を開いていない状態だとパーソナルスペースを狭められることでストレスを感じてしまうのです。そのため、女性は不機嫌になってしまったと考えられます。

スポンサーリンク

花火大会デートで喧嘩ばかりに

Bさん(仮名)には、付き合い始めたばかりの彼女がいます。二人で過ごす初めての夏ですから花火大会デートをしようということになり、二人とも乗り気で花火大会に行くことになりました。

会場に向かう道中も花火大会が楽しみで、二人とも笑顔が溢れていました。しかし、花火大会の会場に到着し、花火が始まるまで出店を見て回ったりしているうちに、お互いにちょっとしたことで苛立つようになり、小さな言い争いが時折起こるようになりました。

そして、花火大会が終わっても、あれだけ楽しみにしていたはずなのに二人とも楽しかったとは言い切れないような気分で帰宅することになってしまいました。

喧嘩ばかりにな原因

この失敗の原因は、環境と相手に対するストレスだと考えられます。皆さんの中にも混雑した場所を苦手と感じる人も多いでしょう。

混雑していると、皆、自分の動きたいように動けなかったり、あちらこちらから人が歩いてくるため道の秩序が乱されることで人はストレスを感じます。花火大会が混雑する場所だと覚悟をして向かっても、無意識のうちにストレスが溜まりますし、特に混雑した場所が苦手な人ならば尚更ストレスが溜まります。

そして、相手に対するストレスです。付き合い始めたばかりの頃は、相手に関する情報を少ししか知りません。

例えば、どんなものが好きか、歩く速度はどれくらいか、どういうものの言い方をすることが多いのかなどが挙げられます。いくら好きな相手と一緒でも、自分の心に引っ掛かるような行動や言動を目の当たりにすることが続けば苛立ってしまいます。

また、ただでさえ花火大会という混雑した環境でストレスが溜まっているため、通常よりも過敏に反応してしまいやすいので、喧嘩が何度も起こってしまったと考えられます。

 - イベントでトク, 花火大会でトク