あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

長良川中日花火大会は車でアクセス可能?動画を見たら行くしかない!

   

たんぽぽ 夏

広々とした平野に流れる大きな川。遠くに深い緑の山々。日本のあちこちで見ることのできる風景です。

東海地方の愛知県西部から岐阜県南西部に広がる濃尾平野、そこには木曽三川と称される木曽川、長良川、揖斐川が流れており、豊かな土壌を育んでいます。その中でも、岐阜市を流れる長良川。

中流域の水は日本名水100選にも選ばれ、長良川の鵜飼いでも有名な河川です。夏になれば、川原で水遊びにくる人でにぎわう川のほとりで、日本屈指の花火大会「長良川中日花火大会」が行われています。

大都市名古屋も近隣にある岐阜で観賞でき多くの人が訪れるこの花火大会をご紹介します。

スポンサーリンク

動画を見れば行かなきゃ損がわかる!

夕暮れ時から始まり、行きつく暇なく連発で上がる花火の鮮やかさと音のリズムやコンクールで打ちあがる工夫のこらされた芸術的な花火を動画で見るだけではもったいないですね。

 どうやって会場まで行く?

今年が60回目、「東の隅田川、西の長良川中日」と並び称され、打ち上げ数は3万発と全国でも大きな花火大会です。打ちあがる花火作品としてネット審査に参加できる「創作スターマインコンクール」などの企画が用意されています。

岐阜市の長良川河川敷で、長良橋から金華橋の間が会場となり、今年は7月30日に開催されます。会場へは、公共交通機関を利用するなら、JR東海道本線岐阜駅、名鉄名古屋本線岐阜駅まで電車で移動し、長良橋方面の市内ループバスに乗っていくことができます。

また当日夕方から臨時運行される花火会場行きバスを利用するのも良いでしょう。

会場周辺は交通規制がかかりますが、市内中心部にコインパーキングを利用したり、民間の臨時駐車場が設けられていますので、車で近くまで来ることも可能ですが、帰りの混雑は避けられません。

やはり車で来るにしても会場からは離れますが、主催者が用意している無料臨時駐車場に停めてシャトルバス(有料)で現地に行く手段がよいでしょう。

車で行っても混雑しますが、会場行きバスもかなり順番待ちが出るようです。夕方にドタバタ動くとせっかくの花火に間に合わないということもありますので、早めに動いた方がよいでしょう。

観覧場所と場所取りは?

有料座席がないため自由にどこからでも観賞できます。ただ30万人の人出が予想される花火大会ですから、打ち上げ場所の近くは相当な混雑です。

それでも音響や臨場感を味わいたい方は、長良川右岸堤防下で見ることをおすすめしますが人気のスポットのため、当日お昼までには場所取りをした方がよいでしょう。また、家族連れ、カップルなど一緒に行く人によっては、少し遠めでも安心してみることができる場所というのも頭に入れておくべきでしょう。

岐阜メモリアルセンター
公式サイト:http://www.gifuspo.or.jp/GMC/100/101-1.html

長良川北側にあり、スポーツ施設が集まる公園です。花火大会の時には、球場のスタンド、芝生広場、サンデッキを無料開放しています。広々として、座ってゆっくり見たいしトイレも近い方がよい家族連れなどに向いています。朝から場所取りも可能です。

岐阜城(金華山山頂)
ぎふ金華山ロープウェイHP:http://www.kinkazan.co.jp/index.html

長良川の南東側にそびえる金華山。その頂上に岐阜城天守閣があります。ロープウェイを使って、頂上まで登ります。山の上から見下ろす花火と夜景のコラボレーションは、雰囲気も大切にするカップル向けの場所です。ただ、ロープウェイは混みあいますので、夕方早い時間帯に頂上へ行くことをおすすめします。

長良川の河畔で行われるため、視界が開けているところであれば、花火は見えると思います。周辺には公園なども多いので、午前中に周辺を散策して場所を探してみるのもよいかもしれません。その際は、くれぐれも熱中症に気を付けて、散策してください。

スポンサーリンク

長良川花火大会まとめ

日本でも打ち上げ数ではTOP5を誇る花火大会ですので是非とも環境が整った状態で是非ご覧ください。

皆さんの良い思い出となることをお祈りします。

 - 花火大会でトク