あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

いい日焼け止めの条件は?選ぶ際のポイントを徹底的に解説!

   

夏の必需品と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?夏の必需品として日焼け止めを思い浮かべられる方は多いでしょう。

春頃からテレビでは日焼け止めのコマーシャルが増え始め、ドラッグストアを見てもハンドクリームなどの保湿グッズが置かれている面積が徐々に小さくなり、反対に日焼け止めの売り場が広くなっていきます。

ドラッグストアの日焼け止めコーナーを見ると、色んな会社から様々な日焼け止めが発売されていることがわかります。日焼け止めと一口に言っても、クリーム、ジェル、スプレーなどタイプも様々です。

沢山の日焼け止めを目の前にすると、どの日焼け止めを買ったらいいのか悩んでしまいますよね。日焼け対策に日焼け止めを使うならば、効果の高いものを使いたいものです。それでは、いい日焼け止めとはどのようなものでしょうか。今回は、日焼け止めを選ぶポイントについてお話します。

スポンサーリンク

日焼け止めを選ぶポイント

太陽 日差し

日焼け止めを選ぶポイントは、大きく分けて三つあります。

ポイント1 効果の高さ

日焼け止めの効果の強さです。

海水浴や強い日差しを浴びるシーンでは日焼け防止の効果が高いものを使うべきなので、自分が使いたいシーンに合わせた強さのものを選びましょう。

ポイント2 タイプ

二つ目に、日焼け止めのタイプです。日焼け止めには、クリームタイプのものだけでなく、ジェル状のもの、ミルクタイプのもの、スプレータイプのもの、パウダー状のものなど様々なタイプがあります。

例えば、メイクをしたまま日焼け止めの塗り直しをする時に使いたいのであればスプレータイプやパウダー状のものを選ぶといいでしょう。

ポイント3 相性

三つ目に、自分の肌に合うものです。日焼け止めは直接肌に塗り、長時間肌に付着する物なので、このポイントはしっかりと押さえるべきと言えるでしょう。

どうやって見つけたらいいの?

自分の肌に合う日焼け止めを探すには、二つの方法があります。

一つは、試し塗りです。お店のテスターでもいいですし、友達や家族に借りたものでもいいですので、一度、試しに塗ってみます。試す時は合わなかった時に大変ですから、顔ではなく腕や足など皮膚の厚い部分で試しましょう。

もう一つの方法は、使い慣れているメーカーの商品を選ぶことです。例えば、ボディーソープを発売しているメーカーの中には日焼け止め用品も発売しているメーカーもあります。普段使っていて問題の無いボディーソープのメーカーのものであれば、日焼け止めでも自分の肌に合いやすいです。

スポンサーリンク

ニキビや肌荒れの時は?

疑問 クエスション

紫外線対策に日焼け止めを使いたくても、肌がニキビや肌荒れをしている時もありますよね。そうした時に日焼け止めを塗ることに不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。ニキビや肌荒れがある時は、肌がとても敏感な状態になっていますから日焼け止めは肌に負担をかけやすいです。

しかし、日焼け止めを塗ってはいけないというわけではありません。ただし、選び方が重要になります。敏感になっている肌は刺激に弱いので、低刺激タイプの日焼け止めやオイルフリータイプのものを塗るようにしましょう。

そして、日焼け止めが肌に付着している限り、肌ストレスがかかってしまいますから、帰宅するなど日焼け止めをもう塗っていなくても問題ない状況になったらすぐに洗顔をするようにして肌を保護しましょう。

 - 日焼け・紫外線対策でトク, 生活でトク