あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

日焼け止めの使用期限はいつまで?去年のものは効果が下がる?

   

夏の必需品と言えば、日焼け止めクリームです。海水浴やプール、キャンプやバーベキューなど外へ遊びに行く時だけでなく、通勤中も日光を浴びますから日焼け止めは紫外線が強い時期には日常的に使うものと言えます。

しかし、そのシーズンに使いきれない場合もありますよね。日焼け止めの出番が訪れた時、「去年のがあるけど、これでもいいのかな……?」と思った経験のある方は多いでしょう。前のシーズンの日焼け止めは、使っても大丈夫なのでしょうか。そこで今回は、日焼け止めの使用期限や効果についてお話します。

スポンサーリンク

日焼け止めの使用期限はいつまで?

ビーチ 日焼け対策

食べ物には賞味期限、防虫剤などにも使用期限があるのと同じように、日焼け止めにも使用期限があります。ただ、日焼け止めの使用期限は日焼け止めの種類、開封したものか、未開封のものかによって異なります。

まず、一般的には商品表示に特に使用期限が記載されていないもので未開封ならば使用期限は3年程度です。

例えば自然派化粧品などのメーカーの日焼け止めなどには防腐剤や殺菌剤などが無添加の日焼け止めもありますが、こうしたものは未開封ならば1年程度が使用期限になります。

つまり無添加の日焼け止めは翌年に持ち越し出来ませんので、去年のものは使用出来ません。

次に、開封したものの使用期限についてです。

開封すれば日焼け止めの中に雑菌も入りやすくなるため、クリームやミルクタイプの日焼け止めならば開封から1年程度が使用期限です。

スプレータイプはクリームやミルクよりも雑菌が入りにくいため、開封していても製造から3年程度は大丈夫です。そして、無添加の日焼け止めは他のタイプのものより雑菌が繁殖しやすいので、開封してから6カ月以内に使用するようにしましょう。

去年のものは肌に悪い?

日焼け止めの使用期限については先述しましたが、直射日光の当たらないところでしっかりと保管されていたものであったり、使用期限内のものならば使用しても悪くはありません。

ベストは、去年のものは使わないことです。

しかしどうしても買うのが間に合わなかった。などの理由から明日使わなきゃ、という場合は使用期限内のものを使用しましょう。

ただし、肌が弱い方や不安がある方はいきなり去年のものを使い始めるのではなく、試しに塗ってテストをしてから使用を検討しましょう。

使用期限が過ぎたものの使用は結局肌によくありませんので、「肌を守るために日焼け止めを塗ったのに肌が荒れてしまった。」本末転倒の結果になり得ます。

去年のものは効果が下がるの?

去年のものでも、未開封で状態よく保管されていたものならば3年程度持ちますし、未開封ですから中身の劣化などが引き起こされていないので効果も変化はありません。

ただし、開封済みのものは使用期限内でも、手に取った時に違和感を覚えたり、日焼け止めのボトルの口に塊ができていたり、買った頃よりもドロドロしていたりするようでしたら、中身が劣化している可能性が高いので効果も期待できませんし、肌にも良くありませんから使用しないようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

日焼け止めは日常的に使えば減り方も早いので、値段が気になったり、何度も買いに行くことを面倒に感じることも珍しくないです。

皆さんの中にも日焼け止めは安い時にまとめて買うようにされている方もいらっしゃるでしょう。確かに、まとめ買いをしていれば節約にも繋がりますし、使っていた日焼け止めが無くなって慌てることもありません。

よって去年の余りがあることがほとんどですよね?

結論としては、今年は今年のものを買いましょう!一見変化がなくとも目に見えない変化をしているものです。

そして去年よりも効果の高いものが出ていたりしますので新しいものを買う楽しみ、という意味合いも含めて今年の日焼け止め選びを楽しんじゃいましょう。

ということで今年は今年のものを!

 - 日焼け・紫外線対策でトク, 生活でトク