あなたのお得がきっと見つかる

find-coupon

クーポンMOKUZY

探せるクーポン 140745件!
MOKUZY(モクジィ)でクーポン検索!

クーポンMOKUZY

要注意!お盆玉の相場や袋の新常識あれこれ!郵便局で買える?

   

皆さん、”お盆玉”ってご存知でしょうか?

お年玉は聞いたこと、ありますよね?お盆玉に関しては最近知ったという方が多いかもしれません。いや、むしろ今年初めてお盆玉という言葉を聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。

そこで「実際、みんなお盆玉ってどれくらいあげているの?そもそもあげるの?」という方のために相場や袋の買い方などをご説明します!

スポンサーリンク

お盆玉ってなに?

基本的に、想像通りです。

年始にお子さんやお孫さんにお小遣いをあげる。これがお年玉ですね。

お盆玉は、お盆にお小遣いをあげる。という違いだけです。

実は、お盆玉には歴史があります。

「お盆玉の歴史」

お盆にお小遣いをあげる風習は江戸時代からのものです。

江戸時代の山形県では夏に奉公人に衣類などを渡す風習があり、それが昭和初期に子供にお小遣いを渡す風習へと変化したことが発祥と言われています。

“お盆玉”という名称はマルアイという紙製品などを製造販売している会社が作った造語です。

お盆にお小遣いをあげる風習は江戸時代から。この風習に「お盆玉」という名称がついたのはここ最近です。

お盆玉の相場はどれくらい?

お盆玉をあげる年齢によって金額も変わってきます。相場は大まかですが、以下のようになりますのでご参考ください。

「小学生にあげるお盆玉」

小学校の低学年であれば1000円ほどがベストなお小遣いでしょう。

高学年になれば3000円ほど。

5000円まではいかない程度の金額をお盆玉として渡してあげましょう。

「中学生、高校生にあげるお盆玉」

中学生になると5000円から10000円となっていきます。

高校生なら5000円では少ないかなっと感じるかもしれないので10000円になっていくのではないでしょうか?

各家庭で変わってくると思うので、毎年のお年玉の金額を基準にして渡しましょう。

お盆玉っていつあげるもの?

お盆の期間は地域によって多少の差はあるものの、12日〜16日が一般的です。お盆玉を渡す期間としては特に決まりはありませんので、12日から16日の間に渡せるタイミングで渡すのがベストです。

絶対この日に渡さなければならないということもなく、混み合う時期とずらして帰省した場合でもお盆玉としてあげても問題ありません。

お盆にあげるお小遣いだからお盆玉といっているだけであって12日から16日のあいだにわたせなかったからといって気にすることはないでしょう。

また、必ず渡さなければいけないものというわけでもありませんので無理して渡すこともありません。

お盆玉の袋を購入する

お盆玉を渡す際の袋を購入する場合「どこで購入するのか?」という疑問もありますよね。

お盆玉の名付け親であるマルアイさんはもちろん。手紙や荷物を届けることによって人と人の繋がりを大事にする郵便局でもお盆玉が繋がりの1つになればいいという思いを兼ねてお盆玉袋を販売しています。

他にもネットでもたくさんのデザインのお盆玉袋を買うことができます。小学生などに渡す場合はちょっと凝っていると喜ばれるかと思いますのでぜひ参考に見てみてください。

★マルアイ 箔押しお盆玉 ぽち袋★金魚 3枚入★ノ-ナツ710★

お盆玉を渡す家庭の割合

まだ馴染みも風習も定着してないためお盆玉として渡してるのはないみたいです。

お盆玉を渡すよりもお盆玉にたいして反対のほうがほとんどとなっています。

「家計が苦しくなる」「余計な風習を増やすな」といった声が多く目立ちます。

ただ、帰省したときにお孫さんにお小遣いを渡すお爺ちゃん、お婆ちゃんはただお小遣いを渡すのではなく今後はお盆玉としてぽち袋にいれて渡してみてはいかがでしょうか。

お盆玉の新常識まとめ

新しい言葉として「お盆玉」という言葉が生まれたことに伴って色々と周囲の状況などが気になるかと思います。

しかし、結局のところ渡さない親もいれば、親戚の叔父、叔母だっていらっしゃいます。渡す叔父、叔母が素晴らしいのかと言われるとそういうことではありませんよね。

結局のところ「お盆玉」という言葉ができたからお小遣いを渡さないと、という考えよりも久しぶりにあった親戚としてお小遣いをあげよう。という程度の気持ちでいる方がほとんどです。

単純に言葉ができただけですので、いつもと変わらないお盆の過ごし方で全く問題ありません。

 - お彼岸・お盆でトク, 生活でトク